コーチときどきセラピストゆうこの好きなこと・感じたこと

コーチときどきセラピスト、未来に向けて学びの中の日々徒然

学びということを考える【学びの雨】

私の好きな曲の一つに、谷山浩子氏の「学びの雨」と言う曲があります。

若い頃は、学びというのは、世界を知り、世界を考え、自分の置き所を知り、そしてより良く自分が生きていくためのもの、と思っていたはずなのに。

気がつけば、○○のために、または、仕事のために、またはお金を稼ぐために、にどんどん質が変わってきていた。

よりよく生きて、自分が根を下ろし、そして誰かとつながり、世界を広げる、それがやがて広がれば社会が変わっていく、その一助になるのではないだろうか。

先日、「学んだことは、あなたの血肉になる」という記事を書いたときにも、漠然と学ぶことについて考えてはいた。が、より鮮明になった感じ。

なんてことを考えているのは、自分自身の中にある、何かの種を見つけてしまったからなのです。

「何もない荒れ地にも花は咲くだろう 一粒の種がここにある限り」

種が枯れない限り、それは希望をつなぐこと。

この曲を聞くと、その原点を思い出さしてくれます。

この種は、わたしだけでとどまらず、自分の子どもたちや周りの人にも手渡したいと思います。

本を読む、調べるなど小さなことからだけど、一歩を踏み出します。

エンディング計画は、悔いなく生きる備えのため

先日、「ハッピーエンディングカード体験会」に参加してきました。

エンディング流行りの今ですが、40代、50代だとまだまだピンとこないかもしれません。

自分より、親の世代を考えるほうが先じゃないの?と思いがちですよね。

でもね、いつ訪れるかもしれないエンディング。

その時に備えよう、と言っても一体何から始めたら?何をしていったらいいの?

そんな疑問から、エンディングノートを買ってはみたものの、書き方がわからない、ということが起こってるのではないでしょうか。

このハッピーエンディングカードは、ゲーム感覚で、死を迎える時期に起こる様々なリスクを知り、その対応を考えるきっかけになるカードなのです。

エンディングコンシェルジュ 谷口佳津子さんのリードでゲームは進み、自分がすでに準備していること、まだまだ考えもしてなかったことを整理していきました。

f:id:nakayuu13:20170625002825j:plain

体験会の内容は詳しくはお伝えできないのですが、最終的には

  • 今できていること
  • 今しておいたほうがいいこと
  • もう少し先にしてもいいかなと思えること

が整理できるように組み立てられたカードで、答えていくとどんどん自分の中が整理されていきました。。

これから自分がどうしたいか、なにをしたらいいか、なんてことも、具体的にわかってきます。

体験会では最後に、これからやることを決めました。

が、一度決めたからと言って、そのままずっと使えるものでもないのです。

介護を取り巻く状況、病気を取り巻く状況なんていうのは、日々変化していますから。

だから、ときどき見直す。

その時に改めて、今までの自分を振り返り、またこれからの自分に思いを馳せるいい機会として使えるカードだなと感じました。

今あるリスクを知り、それに備えるのは、決して将来を憂えることではありません。

「たった今を悔いなく生きるための備え」なのです。

リスクを知り、対応しておくことで、より今を楽しんで自分らしく生きることの大切さを感じさせてくれました。

ハッピーエンディングカードは、結局のところ「自分らしく生きること」を助けてくれるとても頼もしいツールなのです。

わたしも、憂いをなくすために、自分が安心して好きなことをしていくためにやることを宣言しました。

決めた納期、夏中の項目もありますので、早速できるところから取り掛かります。

講師の谷口さん、主催の野口さん、お世話になりました。

---------------------------

8月5日に、大津市でハッピーエンディングカードプランナー講座が開催されます。

ご興味のある方は、以下のホームページをご参考の上、お申込みくださね。

↓↓↓

ハッピーエンディング協会のHPはこち

happyending.or.jp

プランナー養成講座お申込みはこち

https://member.happyending.or.jp/signup/72

「第二回お経のおはなし会 願いと想いのお焚き上げ会」

昨日は、「第二回お経のおはなし会」でした。

ゆるゆるとFacebookでイベント告知をし、ゆるゆるとお申込みを頂いていたら、気づいたらなんと満席!

当日も、体調不良のおやすみ以外のキャンセルもなく盛会となりました。

第二回目は、おもに「お願いのしかた」についてと、「懴悔(さんげ)」について。

この日のメインは、お願いをしたためて、オリジナルの護摩をたいていただくこと。

まずは、義浩さんが学んでこられた「願いが叶うこと」についてお話いただきます。

願いはいくら持ってもいいし欲張ってもよい。

けど、一度、自分から放ったもの(書き留めたりしたもの)は、神仏におまかせするということだそうです。

願いが叶うようにと執着するのではなく、強い願いで神仏におまかせすると、必要な願いは叶い、不要な願いは浄化されて手放されていくんだそうです。

「不要な願いは浄化されて手放されていく」という言葉がとても腑に落ちたわたし。

 

f:id:nakayuu13:20170621150955j:plain

そのお話を聞いて、みんなで思いの丈を込めてお願いを書きます。

いくら書いてもかまわないのです。願いや欲望も「やりきる」が大切なんだって。

神仏に委ねて、不要なお願いは手放されていくのですから。

f:id:nakayuu13:20170621151015j:plain

次に閻魔様のお話です。

義浩さんのお話によると、ある日、夢に閻魔様が出てこられ、メッセージを受け取り、おまつりするようになったとのこと。

義浩さんは、その閻魔様を円満さま(えんまさま)と名付けておられてます。

閻魔様は嘘をついた人の舌を抜く、と言われています。これも一つの浄化だそう。

要するに。懺悔(さんげ)することでその身は救われ浄化されるってことかな。

心理学の先生から、こんなお話を聞いたことがあります。

罪悪感はその罪を正面から認め、「そのエネルギーをわたしはこれから良いことのために使います」と心から宣言すると、それは良いものに転ずる。

この話とも整合性があり、これも自分にすとーんと入ってきました。

護摩木を自分の舌と見立てて、自分の犯した罪を護摩木にしたためて、こちらも焚き上げていただきます。

ノートには、懺悔することを書いてくださいでしたが、ここに書く勇気は出なかった。

f:id:nakayuu13:20170621151114j:plain

舌の代理をしてくれる護摩木は先が赤く塗ってあり、名前を書いて自分自身を浄化していただきます。

お願いごとと舌の身代わりの準備ができたらお焚きあげです。

お願い事を書いた紙ともども焚き上げていただきました。

f:id:nakayuu13:20170621152026j:plain

この日は夏至の前日。

ちょうど、心身ともに下半期に向って準備するこのタイミングでのこの会を開催できたこと、これもまた、仏縁というものなのでしょうね。

合間に、「ファミリーコンステレーション」という心理ワークも行いました。

こちらは個人の問題を出していただいたこともあり、写真はありません。

が、お一人の方が勇気を出して自分の問題と向き合われ、いろんなことに心から気づいていただいたようです。

これもまた、一つの浄化のワークだったと思います。

【皆さんのご感想】

  • アウトカム(なりたい自分)が曖昧なわたしやなと思っていましたが、今日は出てきました。驚きと、前に進んでいる自分がいます。
  • ファミコン、初体験させていただきました。h試技な感じでした。お話も面白く聞かせていただきありがとうございました。
  • コンステレーションの完成度の高さに驚きます。お焚きあげ感謝しています。
  • 難しいことを優しい言葉で伝えていただいて感謝です。

みなさま、ありがとうございました。

今回は、お願いと浄化に特化した形のおはなし会になりました。

次回以降は、お経を読みそのお話を聞く、コンステレーションワークの2つを中心に、活元運動などのボディーワークを行うなど、継続して行うと良いとされているものを中心に、おはなし会を開催いたします。

お坊さんは、夏からお彼岸にかけて、大変忙しくなる時期に入ります。

次回の予定は、9月末または10月初旬の土曜日の開催となります。

一度、お経のお話を聞いてみたい、いろんな心理ワークを体験してみたいという方は、日程を空けておいてくださいね。