読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピストゆうこの思うことを語るブログ

コーチ&セラピストときどきヒーラーの日々徒然 文章の練習兼ねてます

対人援助職の人は、たまには援助される側になってみよう

ヒーリングの師匠であるふうみさんが、今日、Facebookにこんなことを書いておられました。

自戒も込めて、記事にしました。

 

ここから--------------------------------------------------

セッションをする側の人は、たまにはセッションを受けるといいです。

施術をしている人は、たまには施術を受けるといいです。

(一部略)

自分では自分のことは見にくいですし、自分で気付かなかった意外な盲点を教えてもらえたり、技術や心の持ち用などが参考になったり、受けると、受け取れる情報の範囲が広がります。自分と違う手法のセラピーや施術を受けると、新しい情報が伝達されてくるので、急にブレイクスルーが起こり「わかった!」「なるほど」となることも。

もちろん受ける相手はきちんと選びましょう。
エネルギー的な調整もしてくれて、自分の可能性を広げてくれる人。

なんでこんなことを書いているかというと、腕のいい人や、能力者で急に体調を崩す人が多いからです。そういう方々に倒れられると世界にとっても大損失。
あなたも大先生でらっしゃるかもしれませんが(笑)、時々はご自身のメンテナンスをしてくださいね。

-------------------------------------------------ここまで

 

わたしは最近セッション受けるのがめっちゃ趣味なんです。

自分の調整と、学びのためにセッション受けてます。どなたに受けるかは厳選しておりますが。そんでそのようなときに似たようなこと、感じてたりします。

 

ところでで、講師職の方にも似たようなことを感じます。

経験上ですが、講師でアウトプットばかりしていると、いつの間にか体感として「空っぽになった」という感じがする時があります。

空っぽになっても、講師業は続けられます。普通に講座もできるしね。

その状態に気づかず長く続けていると、だんだん、お客さんが見えなくなってきます。

自分しか見えなくて、自分に満足してしまう。

私がITの仕事から身を引いたのは、これも理由のひとつです。

 

最近、元々優秀な講師職の方が、この状態に陥っておられる姿を見かけるようになりました。

優秀で、尊敬していた講師の方が、どんどん無理に無理を重ねているのにそこに気づかず、でも空っぽになっていっているのは無意識で感じておられるためか、自分はできているという承認欲求が強くなってきている姿を見ると、そんな人じゃなかったのに・・・という思いが込みあげるのです。

 

たまには、自分がお客さんの立場になってみる。

それはその内容を自分のために学ぶ以外に、受講する立場になってみる。

「お客さんの気持ち」「お客さんの立ち位置」「お客さんが求めているもの」を知る機会になり、より良いサービスへのヒントになると思うのです。

 

これって同時に、前出のセラピストさんやヒーラーさんにでも言えることだと思っています。

ご自分が疲弊してしまうことだけではなく、ご自分の技術やご自分のあり方に満足してしまうと、お客さんが見えなくなってしまう、ということにもなりかねません。

 

対人援助の仕事をする方は、ご自分をいつもフラットに保つために、そしてお客様の気持ちになれるように、進化できるように、勉強を続けること、セッションや施術、講座を受けることをして、ご自分を保ったり高めたりして欲しいと思います。

なにより、ふうみさんがおっしゃるように、あなたが調子を崩したり、素晴らしい講座ができなくなるのは、世の中にとっては大損失なのですから。

 

アカシックリーディングモニターセッション受けました

アカシック・レコードってご存じですか?

それは「宇宙が創造されてから、現代にいたるまでのすべての情報が記録されたもの」といわれています。

個人としては生まれてから死ぬまでの記録、魂の目的なども記録されているのです。

以前より、自分自身のアカシックレコードに興味があり、一度、ヒプノセラピーを受けた時に、その一端を覗くこともしました。

この方のブログから、ぎんのりすさんアカシックレコードリーディングモニターを募集されていることを知り、わたしも応募してみました。

 

わたしの人生の目的から、今までのこと、これからのことを読んでいただきました。

ご本人は「練習です」とおっしゃっていましたが、たくさん学んでおられることもあり、素晴らしいリーディングでした。

 

わたしの今までのこと、トータルするとサバイバルだったこと。

何がそのサバイバルを強化したのか、そんなことがわかって、これから向き合う必要があることが理解できました。

 

「子どもは親を選んで生まれてくる」と、スピリチュアル業界では当たり前のように言われていますし、そうかもしれません。

が、わたしはどうもちょっと選び方を間違った間抜けちゃんのようです。
こういう暮らしをする予定じゃなかったとか 笑

それは、もっと宇宙的に大きなスケールだとそれも織り込み済みかも知れませんが、個人としてみると、なかなか厳しい体験をさせていただきました。

ただ、自分の家族なのに違う感じがずっとしていたっいう理由が、スルッと腑に落ちました。

 

あ、そうそう。わたしはあのままIT関連の仕事をしていたら、もしかしたらとんでもないことになっていたようです。
どこかで自分で気づいて、書き換えたみたい。

年齢を言われて、これもまたスルッと腑に落ちました。

 

あと数年したら、そこからも開放されて、好きなように気楽にいきていけるそうなので、まだ揺れるのも織り込み済みと思っておきましょう。

 

わたしのテーマは「エネルギーのバランス」

今は、サバイバルを抜け出ている途中で、ゆらゆら揺れる時もあるけど、何をしてもエネルギーのバランスが取れていればOKってことです。

なんか最近、いろんなセッションを受けたかったのもたぶんそのせいみたい。

 

取り組むところ、クリアにするところは教えてもらいましたが、いくら人生の記録とはいえ、行動しない限り変わらないし、行動すれば変えることもできるのがアカシックレコードだそうです。

 

ヒプノでみた、アカシックの世界にはぜひとも行きたいし、これからのフリーな世界も体験したい。そのための行動は繰り返されていくのです。

 

 

何がしたいかじゃなくてどうしたいか

わたしが苦しんだセリフに「あなたは何がしたいの?」というのがあります。

自分自身がわからなくて、何がしたいかわからなくて、どうしたらいいのかもわからなくて、それでセッションに行った時に、何人ものセラピストやチャネラーさんに言われたセリフ。

「あなたは何がしたいの?」

それがわかれば苦労しないわい!

とは言えなかったわたしは、何がしたいのかを一生懸命探しました。

今まで学んできたことやら、すでに出来ていることを含めて、そして足りないと思えばまた新たに付け足して。

でも、「何がしたい」に対して、明確な答えが出ない上に、そのことでセッション受けても責められたような気持ちになって、余計に落ち込むのです。

だんだん自分が無能な気がして、むりやりしたいことを作って、イケイケな気分になって、やっぱり違うとか思うのです。それは苦しいサイクルでした。

 

話は変わって。

わたしはセッションやカードリーディングの時に、その時のテーマと同時に、ひとつ聞くことがあります。

「あなたはどうしたいの?」または「どうなりたいの?」です。

自分が抱えている苦しみや悩みを、人のせいにしていたり、自分が悪いと思っていたりしていると、そこでぐるぐる回っちゃうのです。

自分がやりたいことがわからない時も同じく、ぐるぐる回っちゃうのです。

セッションで話をすると、一時的には解消したような気がするのですが、「どうしたい?」という目標がないと、すぐに元に戻りがち。

どうしたい、の答えは、「このぐるぐるから抜け出す方法を見つけたい」でも「自分がしっかり向き合いたい」でも「一旦逃げ出して、しばらく休みたい」でもなんでもいいのです。
「どうしたい?」がわかることが、そうなるための第一歩なのですから。

 

「何がしたい?」というのは、「何か」を特定しなければいけない気持ちになります。
それがわからないと、うっかり自分を責めるサイクルに陥りがちになります。

でも、「どうしたい?」は、「何か」を固定する必要はないのです。
自分自身のありたい姿を思い浮かべたらいいのです。

「このもやもやした気持ちをもう無くしたい」なんてのでもいいのです。「セッションが終わったら、何がしたいかの片鱗でも見えたらいいな」でもいいのです。

 

「どうしたい?」「どうなりたい?」という言葉は、一歩前に進むための大切な目標だから、わたしはそこにフォーカスしています。

地に足がついたり、気付きがあったり

セッション実習として、友人のくぅさんこと和美さんにヒーリングを受けていただきました。

その後に、「いろいろ出てきたよー」ってメッセージでコメントをくださいました。

個人的な内容があるので、要約するとこんな感じ。

・身体が緩んだので、いろいろ出やすい状態

・面白い夢を見た

・自分の現状について、気付きが深まった

などなど、内外にいろんなことが起こっているようです。

わたしのヒーリングは、「その人に必要なエネルギーが流れる」のみを意図して施術しています。

その時に出てくるものは、ほとんどその人に必要なものなのです。

  • 身体がしんどければ、身体がすっきりして、地に足がついた感覚になる
  • 思っていたことが、まとまりやすくなる
  • ぼんやりしていたことが、クリアになる

などのご感想をいただいてます。

身体をヒーリングすることで、地に足がついたり考えがまとまって次に進むパワーになる、そんな感じで施術させていただいてます。

そして、交換セッションなので、わたしはリーディングを受けました。

そのブログがこちら → 

くぅさんの「Image Reading」うけました|イロドリの日々|滋賀県大津市・リーディング&ヒーリング・パステルアート・カウンセリング

ヒーリング講座終了しました。

こんばんは、ゆうこです。

本日、ヒーリング講座が終了しました。

一緒に受講した仲間は勿論、練習に付き合ってくれた友人たち、講師のふうみさんにたくさんお世話になりました。

そして、いただいたギフトをメモ書き。

え?クリスタル?ええ?祓戸大神さま?というギフトがやって来ました。

わたしの中心に青いクリスタル。その中にはいっぱい花がさいている

わたしのメンタル体は、手がビリビリ。これでクリスタルを守っているかのよう。

祓戸四神から手渡された領巾と剣、統合した蒼い珠、後で渡されたクリスタルの珠。

関連する鏡神社。

これらが意味するものを、少しずつ読み解きつつ、ヒーリングをコツコツ続けていきます。

まずは、課題の5名のヒーリングセッションからスタートです。

目標は、医療の補助としてのヒーリングとカウンセリング。そして、何が辛いかわからない、生きづらい人が楽に過ごせるためのヒーリング&カウンセリング講座ができるようになること、オリジナルヒーリング(靈氣含む)の伝授ができるようになること。

うん、今までと違う感覚のやる気が出てくると同時に、だからこそ解決しておきたい問題も出てきて、いよいよやなぁ、と気持ちも引き締まるのです。