読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピストゆうこの思うことを語るブログ

コーチ&セラピストときどきヒーラーの日々徒然 文章の練習兼ねてます

長年運動音痴と思ってたけどそうじゃなかった件

今日はツキイチメンテナンスの日。

「運動不足」を指摘を受けたことから、「運動」について考えてみた。

小中時代、足は遅いし、逆上がりはできないし、跳び箱も飛べないし、とにかくスポーツテストが苦痛でたまらんかった。

 

でも、小学校の時はヘタなりにバレーボールチームにはいり、学校の放課後水泳クラブにはいり、ソフトボールも好きだったし。

小学校時代のクラスの遊びといえば、縄跳び、ゴムとび、ポートボール、ドッジボールだったけど、みんなよりすごく劣るってこともなく、楽しくやっていた。

 

中学はバドミントン部で、練習はきついながら、普通に腹筋腕立てこなしてたし。

決してうまくはなかったので選手にはならなかったけど、体育ではやっぱり球技とマット運動とかは好きだった。

 

高校時代は剣道部、体育の長距離も好きじゃないけど、ものすごく遅いということもなくやっぱりバスケやバレーなど球技は好きだった。

男子の多い高校で、柔道とかラグビーとかサッカーとか一通り経験したけど、けっこう楽しんでた気がする。

体育の先生が体操部の顧問で、平均台の演技で側転で降りるというところまで扠せられたのもやってたんだよな。

 

でも、足が遅かったり逆上がりが出来ないと、他の種目がよくてもスポーツテストの結果は最悪で、体育の成績は中の下とか下の上とか。

で、それが出来ないと、運動が苦手な子レッテル貼られたり、恥ずかしい想いをしたりしたこともあった。

そのため、わたしはずっと運動音痴と思ってたのだ。

 

学生時代はテニス、スキーをやり、社会人になってもテニス、スキー、エアロビにいそしみ、社内レクリエーションではソフトボール、スケート、ボーリング、これがまた楽しい。どこにも運動音痴という要素を感じない。

肉体労働で筋肉鍛えられて、一時期、背筋100キロ越え、握力35キロ越えになった時期でさえ運動音痴と思ってたのだ。(今は平均以下の筋力だけどw)

 

2年ほど前に、リフレクソロジストさんに「これは動く足ですよ」と言われたのをキッカケに、もしかして、なんかできるかも?と見直し始めた。

そして今日、あちこちメンテナンスをしてもらいながら「もしかして、わたしの足って運動する足ってか動く足?」って聞いてみたら、あっさり「そうですよ」

身体の割に足が大きいのは動ける足ですよ、とご指摘を受けてしまった。

 

えええええええ!!!!!やっぱそうなんや。

 

学校の体育の成績が悪いあまり「運動音痴」と自分でラベルを付けてしまってたんだ!あーもったいない。

数十年、わたしの代名詞になってきた運動音痴。

今更ですが返上いたします(どこにや)。

体力と根性と筋力は際限なくなくなっては来ているけど、ちょっとやってみたいこともあるので、今から諦めずにもう一度チャレンジしてみたい。

動く足もってるんだもん!運動音痴じゃないもん!自信持って頑張ってみよ。

 

まずはウォーキングの再開と柔軟から、ですな!