セラピストゆうこの好きなこと・感じたこと

コーチ&セラピストときどきヒーラーの日々徒然

その問題を見つめることで、身体の痛みが減っていくことがある

身体の痛みは心と連動している、と言われます。

その理論で施術しておられる方のホームページやブログをみていて受けた印象は「身体の痛みを治していけば、心の痛みも変わっていく」でした。

最近起きている、謎の腰痛や、わからない肩の痛み、これってもしやそっち系?

「意識と体を変え、本当の自分を生きるためのマッサージ」をキャッチコピーとされているライフヒーリングアクシスの大塚宮凰さんに施術をお願いしました。

www.lifehealing-asis.jp

そこで受けた「ソフィアのアロママッサージ」ほんま素晴らしかったー。

施術中は、場所によってすごく痛いのです。

でもそこから逃げられないし、逃げようとも思わないのです。

ポイントポイントで、宮凰さんのお話に耳を傾け、そこから出る自分の言葉を一つ一つ吟味していきました。

時として、なんとなくイメージで見つめることもありました。

痛いのに、伝えられるメッセージは「もう忘れていたけど、そうやったわ」ということばかり。

あるポイントで、めっちゃ痛い!!

その痛みの中で、私の中から出てきた言葉が「バレてはいけない!」なのです。

「意味わかんないです。でもバレてはいけない、なの」

それは、大人ではなく、ものすごく幼い、しいて言えば赤ちゃんレベルで小さいことのことのようでした。

そのことを伝えて、そして聞いた言葉から、長く長く持っていたであろうわたしの緊張がゆるゆると緩んでいくのでした。

身体の痛みを治していくと心が勝手に変わるというのとはだいぶ違っていて、身体の痛みを起こしたものを見つめ認めることで、緩んで痛みが収まっていく、というのが実際私の身体で起こっていたこと。

と、同時に、小さい頃から常にある「胃の痛み」も緩んでしまってました。

わたしってば、赤ちゃんの時に強烈すぎるストレス受けて、胃炎になってそのまま持ってた模様。なんてことも、すーっと自分に入っていく。

その他にも「卑屈であること」「嫉妬」そんなことも自分で見つめながら、どんどん身体が緩んでいくのを感じました。

このマッサージ、本当に素晴らしいのです。

でも、マッサージの間にはしんどいことを見つめる、認めるという作業も入ってきます。本気で自分を深く癒やしたい、とか、心の底からかわりたい、とか言う方にはすっごくおすすめです。

とはいえ!

長年の腰痛とか肩こりは本当の肉体疲労、使いすぎだから、すぐには治らないです。

例えて言うと、痛いのが普通になっているので、楽になっても痛い方に行こうとする身体であるということ。

そうならないように、これはやったほうがいいよーということも教えてもらいました。

しばらくメンテナンスに通いながら、バランスボールスタートせねば。

施術は90分でしたが、長い旅をしたような90分、素敵な体験でした。